スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
オオカミ少女
このごろういさんが嘘ばかりつく。

自分の悪行を隠そうと嘘をつく。
固く禁じられているのにコタロウの顔(特に目)をこっそり触ろうとして見つかり、「変な顔〜ってしてただけ!変な顔ってしただけ!!(逆切れ)」

自分の希望通りにさせようと嘘をつく。
電話で早く寝ろと言われたくせに「おとうさんがシュークリーム食べなさいって言ってた」

構ってほしくて意味のない嘘をつく。
絶対寝ないくせに「お布団に入ってねんねしたい、ねんねする、ねんねするするするする」
それほど食べたくもないくせに「あれが食べたいたべるたべるたべるたべる」

嘘をつこうと思っていないが空想の世界の話をしてしまい嘘となる。
「さっき納豆食べたよねー」「ういちゃんこーんな赤い靴はいてたのよー」


挙げればきりがないが、ついぽろっと言っちゃったという感じではなく、本当に心底思っているのよ!とかなり演技がかっていて、何度も何度も、その言葉をかなえてくれるまで執拗に言い続けしまいには泣き出したり暴れたりする。
しかし例えば食べたがったものを与えると、オエーベエエエエーーペッペ とそれほど嫌でもないくせに、さも酷いものを口にしたかのように吐き出したりするのだ。

なんて憎たらしい。
徹底的な反抗期に翻弄されています。
オオカミがきたぞー。
| - | 01:12 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | 01:12 | - | -
<< ういさんの受難 | main | 生後6ヶ月の記録(コタロウ) >>
コメント
コメントする









SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
PROFILE